トップページ > 

これまでの経緯

平成14年9月 札幌医科大学付属病院内売店にて販売
試飲者数は6ヶ月間で、約8,000名近くに及びました。
※札幌医大内の売店がコンビニ形式に変更となりましたので、現在は札幌医大の売店による販売活動はしておりません。
 
 
北海道道立札幌医科大学付属病院   黒川本舗代表 黒川昌弘
   
平成17年1月 中国山東省浜州市の市民病院にて癌患者20名に3ヶ月間の試飲に
ご協力頂きました。
 
 
中国山東浜州市人民病院   写真中央 王 萍 院長、右隣 黒川
   
平成17年6月 鈴鹿医療科学大学にて12項目の動物実験を依頼しました
 
 
動物実験を行なった鈴鹿医療科学大学   左は鈴木郁功教授(薬学博士)
右は黒川
※現在鈴木郁功教授は
大学を退職されております。
   
平成21年9月 インターネットにホームページを掲載
   

私の両親も癌でした

実は私の父と母は、19年前と16年前に癌になり他界しております。

当時、私はまだ30代であり、あまり癌という病について知りませんでした。
ドクターから癌と告知され、状態と治療方法の説明を受けましたが先の希望が、見えなかったことが思い出されます。

当時、私はドクターに言われるままに、治療して頂き、癌の進行状況により、幾度か抗がん剤が強いものに変わり、その度に、承諾書にサイン致しました。

一部の望みに掛け、承諾書にサインし、治療して頂きましたが、両親の身体はその度に、衰弱していくようでした。

やがて母は、意識をなくし、意識のない母が、体中に刺されている点滴の針を、何度か、自分で抜いてしまいました。

母は、昭和の肝っ玉母さんのような性格で、とても我慢強い人でした。
そんな母が、無意識の中で、点滴の針を抜こうとしているのを見て、私は、そんなに辛いのかと思い、楽にしてやりたいと、考えたことを思い出します。

父は、膀胱癌で一度、摘出手術をいたしましたが、2ヵ月後には再発し、余命3ヶ月と宣告され、再入院しました。

その後は、抗がん剤と、痛み止めのモルヒネの投与の日々でした。

そんな父が、「最近、幻覚が見えるんだ」と言いながら、今でも思い出すのが、独り言のように「まだやりたいことがあるんだよなー」の一言です。

二人とも、最後の10日から20日前後は、無意識で辛そうに他界していきました。

家族としては、副作用に苦しむ姿を見ているのは、とても辛いことですが、もしかしたらという、一部の望みで、治療を継続していましたが

本当にそれでよかったのか?
ほかに方法はなかったのか?

今でも、釈然としない、日々を送っております。

黒川本舗 黒川昌弘

当社のお問い合わせ担当者の伊藤も、やはり、同じような状況で、母親を亡くしており、皆様が私たちと同じような後悔をなされないよう、このサイトの情報をご検証いただき、少しでもお役に立てたらと思っております。

お問い合せ担当・伊藤がお伝えしたいコト

Copyright (C) 2011 黒川本舗. All Rights Reserved.